AndroidケータイのGPS

デジタルライフ, ハンディGPS コメントする

知人とアンドロイドケータイの事でメールのやりとりをしましたが、メールのやりとりで終わらせては、もったいないかな?という事で、ここに公開しておきます。

知人の質問1

「電波が届かないところでも、GPS使えますか?」

ヘビー&アーバンな使い手には良いですね。と前回メールに書いたとおりなのですが、厳密に言うと、GPSの測位自体は電波に無関係にやっていると思います。

ケータイ電波は、あくまで地図のダウンロードに使っていると考えれば良いわけです。

アンドロイドには、「ケータイ回線を強引に切断するソフト」があるので、 切断した状態でトラックしてみれば、それは確認できます。

もっと強引な手もあって、「SIMカードを抜いてもアンドロイドは動きます(笑)」。

いずれにしても、アンドロイドにはGarminのTOPOの様なローカル地図が無いので、 ケータイ回線からリアルタイムに地図をダウンロードするというわけです。

スマートフォンのパケホーダイの上限が5,700円ですが(docomoの場合)、 PCの世界で考えれば、8MBとわずかなものです。で、その上限なんてのは1日か2日でも使ってしまう価格設定に なっているのです(固定料金と言っても良いほどです)。

スマートフォンには、無線LANが搭載されていますから、 無線LANのある場所ではパケットは発生しませんし、 ケータイのパケットよりも無線LANの方が速いし・・ということですね。

そういうわけで、ヘビーなアーバンユーザー(ケータイ電波いつも見える)ならば、 5,700円固定と考えるので、Garmin買わなくていいし、一台で何でも出来ていいんじゃないのかな?というノリです。

アーバンじゃない人でも、回線切って、あるいは回線の無いところでトラッキングするだけならいいんじゃないの。2台持つ必要無いし・・って感じです。

となると、Garminは、アーバンじゃない、トラッキングでは足りない人だけよん!ということになります。

で、地図メーカーがアンドロイド用の地図を発売したら、 Garminは相当やばいことになりますが、国土地理院からデータをDLして Garminに入れるワザはすでに存在しますから時間の問題かも知れません。

知人の質問2


「スマートフォンを買うならアンドロイドがいいのか?」

iPhoneとアンドロイドの違いとしては、アプリの開発と配布のスタイルが違います。iPhoneのアプリを配布したければappleに毎年お布施を払う必要がありますが、アンドロイドは無し。OS自体無料だし、自由度が高いので、Windowsの様にオープンアーキテクチャが広がるでしょう。

これだけ書くと疲れますなぁ~いやはやいやはや


コメント

*

WP Theme & Icons by N.Design Studio
©2007-2011 tanikichi.net
↓