津久井在来大豆栽培日記・7月1日(異変)

津久井在来大豆のベランダ栽培 コメントする

寝転んでいる株が気になっていたのですが、今日になってプランター1基の3株がべったりと寝てしまいました。発芽9日目にしての、“異変”です。3基のプランターにそれぞれ3箇所、3粒撒きにしたのですが、このプランターを3号プランターと呼ぶ事にしましょう。

★7月1日の津久井在来大豆(蔓化けか?)

寝転んでいる株の本葉は、順調に育っていると思われる株に比べてとても小さく、3号プランターは、最も日当たりが悪い場所に置かれています(昨日、場所移動しました)。

★7月1日の津久井在来大豆(本葉が小さい)

こちらは、順調に育っていると思われる1号プランターですが、真ん中の1本は寝転んでいます。

★7月1日の津久井在来大豆(立派に育っている?1号プランター)

蔓化け(つるぼけ)は日照不足で、つまり、モヤシ状態になって(伸びて)、茎が太くならず、蔓(ツル)の様になってしまう事を言うらしいのですが、1日で4cmも伸びたと喜んでいたのは、ぬかよろこびだったのかも知れません。週間予報によると1週間は曇りマークか雨マーク。今はお日様が欲しい~と思いつつ・・、農業って大変だよなぁ~と思いつつ・・、だけど、この思考錯誤は面白いと思いつつ・・



コメント

*

WP Theme & Icons by N.Design Studio
©2007-2011 tanikichi.net
↓