本日の検索-立体視(3Dスチル画像)

本日の検索, 渓吉コラム コメントする

最近、映画館でもゴーグル使用の3D作品が登場している。昨今、自宅でもBlu-ray/DVDで、あるいはプロジェクターを使用して大画面・高画質で作品を鑑賞できるということもあり、映画館でなければ楽しめるという付加価値を提供しようという取組みのようだ。

クリスマスキャロル(ウォルトディズニー)

今までの劇場を3Dシアターに改造するのには1500万円必要なそうだが、上記サイトを見ると対応映画館も多数あるし、僕の自宅の近所にもいくつかある。

で、デジタルカメラで立体撮影視できないか?ということで本日検索してみました。

まずは立体視の理論を調べる

立体視(WikiPedia)
ステレオグラム(WikiPedia)

フィルム時代からステレオカメラ存在しており明治時代に撮影されたものもあるとの事。少々、驚きました。

今年(2009年2月)に富士フィルムから3Dデジカメが発売されていることが分かったのだが、どうやら周辺機器にコストがかかる様子だ・・

富士フィルムの3Dデジカメ

  • 確かに動画のほうが立体視に向いている気がする(動いていることによる効果は大きい)。
  • Adobe Photoshopのプラグインで立体化できると嬉しいのだが、今のところ無さそう・・

コメント

*

WP Theme & Icons by N.Design Studio
©2007-2011 tanikichi.net
↓