Welcome!

こんにちは渓吉(たにきち)です。

本日は当サイトにお越しいただき有難うございます。ごゆっくりお過ごしください。

当サイトはtanikichi.net渓吉.netの二つのドメインで運用しています。

当サイトに使用している写真の一部は、クリック拡大表示できます。写真にカーソルを持っていきカーソルが「手のマーク」になれば拡大できる写真です。

twitter , Facebook , Facebookページ でも、お相手戴ければ嬉しく思います。なお、フォローの際にはtanikchi.netで見た事をお知らせください。

遠近両用レンズは間違っている

デジタルライフ, 日常のはなし コメントなし »

1年半くらい遠近両用レンズを使ってきましたが「遠近両用レンズは根本的に間違っている」という結論に達しました。やわらかい表現をしておくと「僕にとって遠近両用レンズは根本的に間違っている」と書いておきましょう。遠近両用レンズにも「車を運転する時、普段街を歩く時」など、威力を発揮するシチュエーションはもちろんあります。

1)パソコンで作業している時にふとテレビに目を向けるような時

現在販売されている遠近両用レンズ、中近両用レンズは顔を上げる事で近距離を補助しています。人間工学的に近くや手元を見るのに顔を上げるよりも顔を下げる方が自然で当たり前の事ではないでしょうか。文庫本を手に取ってみればすぐにわかることで、読書をする際に背筋を延ばせと言われた経験は誰にもあることでしょう。また、ケータイのワンセグは別として下を向いてテレビを見る人はいませんよね。少し離れたところにあるテレビは顔を上げて見るのが自然です。

2)デジカメで写真撮影する時

まずは、コンパクトデジタルカメラで液晶モニタを見ながら撮影するシチュエーションを論じてみましょう。写真を撮影する際には、脇をしめて手ぶれを防止します。脇をしめると当然ながら眼と液晶の距離には制限が出てきます。少なくとも僕が使用している遠近両用レンズの近ではピントが合いません(もちろん眼と液晶間のピント)。1)に書いたのと同様、その体勢で顔を上げるのはしんどい。カメラを頭上に上げるなど眼鏡に合わせることも不可能ではないが、花などを接写するマクロ撮影では絶対に無理です。

次に1眼レフカメラでファインダーを覗いて撮影するシチュエーションについて論じます。まず、撮影後に液晶を確認するわけですが、液晶がよく見えるものでなければなりません。撮影時にはファインダーを覗きますが、ファインダーには視度調整ダイヤルが付いているので中心部は近レンズであっても調整が効きよく見えます。風景などを撮影する際に遠くを見渡しますが「おでこに手のひらで日差しを作って遠くを眺める」シーンなどを想像すれば上を向く動作で問題ないのが明らかです。1)で論じたのと同様、遠くを見るのに下を向く人はいないのです。

結言

レンズメーカーさん、レンズ中心部に近距離用レンズ、レンズ下方部分に遠距離レンズを配置した中近両用レンズと遠近両々レンズを開発・発売してください!


concrete5な人達のツール事情

concrete5 コメントなし »

 

「第3回 concrete5 USTREAM勉強会」を視聴しました。第3回勉強会後半のテーマは「Web制作ソフト座談会」。ここで紹介されたツールについてサマライズしてみました。Ustream勉強会の配信環境やTwitterクライアントの紹介などもありましたが、ここでは割愛します。また、実際の勉強会での紹介順序とここで紹介している順序は異なりますのでご注意ください。

冒頭、Adobe製品の導入状況を確認。Adobe Illustrator、Adobe Photoshop and/or Adobe Fireworks、Adobe Dreamweaver、Adobe Flashはほとんどの人が使用しています。バージョンは、CS3〜CS5まで様々ですが平均的にはCS4か?Adobe製品はデファクトスタンダードだよね。という感じ・・

開発・オーサリング環境

CODA (Mac)
IDE(統合開発環境)。詳しくはWikipedia 統合開発環境を参照。9,800円

phpDesigner (WIn)
PHP IDE & PHP editter アカデミック版29ユーロ、個人版35ユーロ、商用版70ユーロ

Zend Studio
PHP IDE、アカデミック版 21,000円、通常版 47,040円

Boks (Win/Mac)
Adobe Airで動くCSSによるグリッドデザインのためのツール 無償

paint.net (WIn)
マイクロソフトの無償ペイントツール

テキストエディタ

 

テキストエディタは、各自まちまちだがWindowsでは秀丸の人気が高い。

WZ EDITOR ダウンロード版 3,255円

秀丸 シェアウェア 4,200円

TeraPad フリーウェア

BBEdit(Mac) エデュケーション版 $49、通常版 $128

textmate(Mac) シングルユーザーライセンス €39 ≈ $56

mi(Mac) 旧耳かきエディットなので痒いところに手が届く(笑)

※僕自身は秀丸を愛用しております。「Hidemarnet Explorer」アドオンすることでFTP上のHTMLを修正・更新する事が出来て便利です。

FTP

WinではFFFTPを使っている人が多いが、セキュリティを配慮するとSFTPができるWinSCPがおすすめ!MacではCyberduck(カンパウェア)、Fetch(新規3,150円)。

※僕の場合、さくらインターネット+FFFTPを使用していますが、こういう話があるので、WinSCP試してみようかと思います。

チェック環境

 

ブラウザは、FireFoxとChromeを使い、IE環境のチェックにはIETesterを用いるという話が多かった。FireFoxのアドオンであるFirebugは定番。

※さっそくIETester試してみました。これはグーですね

以下に僕が使用しているFireFoxプラグインを紹介しておきます。

It’s All Text!
テキストボックス内を編集する際に外部エディタを使えるので便利です。WordPressのTheme編集にはよく使います。

JSView
あまり使いませんが入れてあります(Firebugで間に合うという話もあるかな?)。

Web Developer
元来アクセシビリティ・チェック用ツールとして開発されたプラグイン。ブロック構造を視覚的に見れるので便利。Firebugと併用してCSSを解析しています。

Firesizer
ターゲット画面サイズにブラウザウィンドサイズを変更するのに便利。Web Developerにも同様の機能はありますが、右下にあるので手が届きやすい。

FireFTP
FireFoxさえあれば何処ででもFTPできちゃうので便利です。

プロジェクト管理

Redmine
Rubyで開発されたプロジェクト管理サーバーソフト。無償

Teamlog
twitteでつぶやく様な感覚で使えるプロジェクト管理、時間管理のツール。Joomla(CMS)のエクステンションとして動かす。無償

concrete5日本語プロジェクト・リーダーKatzさんのBlogでのTeamlog紹介記事

バージョン管理

svnXTortoiseSVN (トータス)などが紹介されました。

さいごに

 

以上の様な内容の勉強会でしたが、録画版を見ることができますので、ぜひご覧ください。01:33あたりからBoks(Win/Mac)によるグリッドCSSデザインのデモも見ることができますよ。

concrete5 Japanサイトで視聴する
Ustremのconcrete5チャネルで視聴する


Concrete5のテーマを学ぶ

concrete5 コメントなし »

Concrete5Japanの「concrete5 オリジナルテーマのつくり方」に沿って実習してみたところ、↓こんなんなっちゃいましたぁ〜



[画像はクリック拡大表示できます]

そうそう一発で上手くいくものではありませんし、これはこれで面白いのです。デバックモードになっているのでエラーが出ています。背景画像が表示されていません。さて気を取り直して先へ進もう。

夕食を食べてデバック再開。最終ファイルとを見比べながら進んでいきますが、なかなか見つかりません。

うまくいきました


原因は「4. ヘッダーとフッター要素」に書かれている「header.php」と「footer.php」を「elements」ディレクトリー内にという部分を見落としていた事でした。テーマ構造は概略理解。WordPressと合体の扉が開いた感じです。


新PC構築計画

デジタルライフ, パソコンDIY コメントなし »

現在、仕事でメインに使っているPCは、5年前に組んだPentium4 550(3.4GHz Prescott/LGA775)のマシン。少々不調な箇所も出てきたし、Adobe CS5を快適に動かしたり、HD編集に耐えられる速度が欲しい。という事で新PCの構築を計画しているところです。以下が概略仕様ですが、これにより5〜6倍の速度upが期待されます。

  • CPU: intel Core i7/870
  • マザーボード : AUS P7P55D-E
  • メモリー : DDR3 4GB×2
  • ケース : Cool Master HAF922(暫定)
  • 電源 : これが悩みの種

過去のPC自作においては、電源容量をあまり意識せずに行ってこれたが、昨今、ケースと電源別売りが当たり前。80Plusという効率基準もあり単に容量(ワット数)だけでは選べない。さらには80PlusにはBronze、Silver、Goldなどのクラスがあり以前とは段違いに分かりにくい。ともあれまずは容量見積りだが、同等スペック程度のハウスブランドマシンやDOS/Vパワーリポート、その他もろもろの情報から700W 程度と考えていた。

そうしているうちに見つけたのは、ASUS社の[画像はクリック拡大表示できます]

結果は650ワットと計算されました。多少オーバースペックぎみに構成しましたが、ある程度の余裕は必要です。予定通り700W以上の電源をチョイスしようと思います。

なお、以下のパーツは現行マシンから流用予定。

  • ビデオカード: ELSA GLADIAC 796 GT SS 512MB(NVIDIA GeForce 9600GT)
  • 光学ドライブ : Buffalo BR-H1016FBS-BK (Blu-ray-R)
  • ハードディスクドライブ : HGST HDP725050GLA360(500GB) ×3台

結局、この構成のPCは作らず仕舞に終わりました(2011年7月2日記)。


クリーム色の彼岸花

お散歩 コメントなし »

近所の川沿いを散歩していたら、クリーム色の彼岸花が咲いていました。初めて見たのでシャッターを切ることに・・

クリーム色の彼岸花


ページの先頭へ
WP Theme & Icons by N.Design Studio
©2007-2011 tanikichi.net
↓