Welcome!

こんにちは渓吉(たにきち)です。

本日は当サイトにお越しいただき有難うございます。ごゆっくりお過ごしください。

当サイトはtanikichi.net渓吉.netの二つのドメインで運用しています。

当サイトに使用している写真の一部は、クリック拡大表示できます。写真にカーソルを持っていきカーソルが「手のマーク」になれば拡大できる写真です。

twitter , Facebook , Facebookページ でも、お相手戴ければ嬉しく思います。なお、フォローの際にはtanikchi.netで見た事をお知らせください。

WordPress書籍2冊

Books & Videos, デジタルライフ コメントなし »

今ではWordPressの書籍が多数発行されていますが、この2冊あれば十分理解できるんじゃないかな。

インストールから基本操作、テーマの変更、プラグインの導入、セキュリティ対策までを網羅しているので、最初の1冊としては最適でしょう。私自身5年ほどWordPressを使っていますが使ったことのなかったプラグインも紹介されていたのでさっそく追加しました。
テーマを変更するだけでは満足しないのがWordPressというもの。ある程度使ってみるとテーマを改造したくなります。カスタマイズについてこれだけ親切に書かれた本は、現在この本が一番だと思います。ネットにもまとまった情報は少ないですからね・・

WordPressは2009年12月19日にVer.2.9がリリースされましたが、上記2冊は問題なく利用できるはずです。

以下、2010年9月18(土)加筆しました。

さらに「PHPによるWordPressカスタマイズブック-3.x対応 」2010年9月24日発売予定だそうです。

「PHPによるWordPressカスタマイズブック-2.8対応」著者の藤本壱氏が個人販売されている「WordPressで学ぶPHPとMySQL」もお奨めです。

WordPressで学ぶPHPとMySQL


小柴名産直売所

お散歩, 取材日記 コメントなし »

毎週日曜日・祝祭日13:30~17:00(但し、天候による)
所在地 横浜市金沢区柴町397 柴漁港内

開催日については、カナロコ朝市情報
当日の開催有無は、045−785−6161(テレホンサービス)


大きな地図で見る


本日の検索 “JACK DANIEL'S”

本日の検索 コメントなし »

僕を知る人ならば、“渓吉=日本酒”が一つの公式なんじゃないかと思いますが、実は“旨い酒はなんでもウェルカム”なのである。

実は、ウィスキーもお好きでして、昨今、“ハイボール”が流行っているとか・・

かれこれ45歳も終盤に近くなってきた渓吉ですが、20年以上“ハイボール”を愛し続けている。“ハイボール”で飲むウィスキーは本日のお題である“JACK DANIEL’S”と“OLD CROW”の2本だけ。

今宵は、“JACK DANIEL’S”を飲みながら“JACK DANIEL’SのWebサイト”にたどり着いた。

昨今、“ハイボールブーム”で、“ハイボール”にハマった方にはぜひ試してみてもらえれば・・と思うのである。

追伸

一時期、“ハイボール”は、“ウィスキー&ソーダ”などと呼ばれて死語になった悲しい時代があった。バーカウンターで「ハイボールくれよ!」と言ったら、“ソーダ”でしょ?古臭いわねぇ~なんて具合で、それはとても悲しかった。

時を同じくしてチューハイがブームだったのだ。チューハイの“ハイ”って何だんねん?というのが当時の流れ。まさに焼酎ハイボールなのだが、“ボール”が抜けて言葉が流通したのだ。

2000年頃の関内駅前には、“関内ハイボール”という店があり、堂々と店名に“ハイボール”と書いていたのには勇ましささえ感じたが、今はこの店はない。この店の“角瓶ハイボール”はかなり正統派でありつつ、レモンピールの香りに、ついつい、おかわりを頼んでしまったのだ・・



カシミール3Dで寝観音

デジタルライフ, 取材日記 コメントなし »

昨日は、久しぶりに津久井へ行きました。津久井百楽氏とあっちゃこっちゃだったのですが、津久井の寝観音の眺望ポイントを案内してもらいました。

カシミール3Dで描いたらどうなるか?ということで描画してみました(クリックで拡大できます)。

ゴルフ場からの寝観音

話に聞いてはいた寝観音ですが、石老山を中心とした相模湖周辺の山々の稜線が作りだす観音様の寝姿です。カシミール3Dでこんなにいい感じに稜線が出るとは、予想以上だ。

津久井百楽には実写の寝観音が掲載されているのでごらんになってみるとよいでしょう。


本日の検索-立体視(3Dスチル画像)

本日の検索, 渓吉コラム コメントなし »

最近、映画館でもゴーグル使用の3D作品が登場している。昨今、自宅でもBlu-ray/DVDで、あるいはプロジェクターを使用して大画面・高画質で作品を鑑賞できるということもあり、映画館でなければ楽しめるという付加価値を提供しようという取組みのようだ。

クリスマスキャロル(ウォルトディズニー)

今までの劇場を3Dシアターに改造するのには1500万円必要なそうだが、上記サイトを見ると対応映画館も多数あるし、僕の自宅の近所にもいくつかある。

で、デジタルカメラで立体撮影視できないか?ということで本日検索してみました。

まずは立体視の理論を調べる

立体視(WikiPedia)
ステレオグラム(WikiPedia)

フィルム時代からステレオカメラ存在しており明治時代に撮影されたものもあるとの事。少々、驚きました。

今年(2009年2月)に富士フィルムから3Dデジカメが発売されていることが分かったのだが、どうやら周辺機器にコストがかかる様子だ・・

富士フィルムの3Dデジカメ

  • 確かに動画のほうが立体視に向いている気がする(動いていることによる効果は大きい)。
  • Adobe Photoshopのプラグインで立体化できると嬉しいのだが、今のところ無さそう・・

ページの先頭へ
WP Theme & Icons by N.Design Studio
©2007-2011 tanikichi.net
↓